Living Products Custom Kitchen

キッチン用語集

キッチンレイアウト

動線

家の中での人の動きを追ったもので、使いやすい間取りでは動線はスムーズに流れる。家の各空間を移動する大まかな動線のほか、キッチン内での作業の流れを追った細かなものもある。レイアウトを考える上で重要である。

作業のポイントとなる冷蔵庫、加熱調理機器(コンロ)、シンクの3つを結ぶ作業動線(ワークトライアングルとも言う)がバランスの取れた距離で配置されていると効率よく作業が進められる。特に冷蔵庫は調理用以外にも多くの人が使用するので、奥まった場所に設置しなくてはならない場合は、通路の幅などに考慮が必要。

I型キッチン

シンク・コンロを一列に並べるベーシックな配列である。作業動線も左右移動の直線となるシンプルな作り。冷蔵庫の配置がポイントとなる。

幅が長すぎる場合は無駄な動線が多くなり、作業効率が下がるので、配膳スペースや収納、またはユーティリティを組み合わせるなど考慮する。2人で作業する場合には動線が直線的なのでワゴンなどを利用するとよい。

I型キッチン

II列型キッチン

作業面積・収納を多くとれるレイアウトで、作業動線も短くなる。シンク・コンロの配置は全体の広さの中で工夫が必要となる。

長さがあまり取れない場合はシンクとコンロを前後に配置する。収納がより必要な場合は片側の列にトールキャビネットを配置するなどの工夫ができる。またシンクとコンロは作業がしづらくなるので、対面しないようにずらして配置する。II列の間隔は1人での作業なら90cm程度、2人なら110cmぐらいは確保したい。

II列型キッチン

L型キッチン

コーナー部分があるのが特徴で、動線上はスムーズになる。
コーナーを活かすことでカウンターや収納スペースを広く使える反面、寸法によっては無駄なデッドスペースができる場合がある。

作業動線的には理想的なレイアウトである。しかしコーナー部分を上手に活用しなければ面積の割に収納量は増えない。ビルトイン機器の配置、引出しユニットなどの配置には注意が必要。

L型キッチン

U型キッチン

L型に比べカウンターや収納スペースがさらに広くなり、作業動線も短い。シンクとコンロは直角に配置すると効果的。
オープン・セミオープン型にも対応しやすい。

広いスペースの場合や、あまり長さが取れない場合にも適しており、床面積に対してカウンター面積が最大に取れる作業効率の良いレイアウト。U字の真ん中の部 分は、90~120cm程度の狭さの方が動線を短縮できるが、ウォールキャビネットを全面に配する場合は、圧迫感を感じないようにする工夫が必要。

U型キッチン

アイランド型キッチン

カウンターの一部を島のように独立して配置したレイアウト。多人数での作業が可能である。アイランドの周りを自由に動き回れる程度の広さが必要。

複数で調理を楽しめるレイアウト。しかしその為の十分なスペースが必要となる。I型やL型キッチンと組合せ、コンロやサブシンクをアイランドに・・・というケースも増えている。その場合は設備関係の配管や能力などの配慮が必要となる。

アイランド型キッチン

対面ペニンシュラ型キッチン

カウンターが半島のように突き出たレイアウト。ダイニングキッチンのような、オープンキッチンに向いている。

L型、U型の一部が半島のように突き出した形態や、II列型キッチンの片方の列の壁をなくした形態などがあり、半島部分を対面式オープンキッチンとして、ダイニング側に椅子を配置したり、収納を設けるなどの工夫ができる。

対面ペニンシュラ型キッチン

Contact

Works